全国のスピーチコンテストへ出場!

 
 

協力隊派遣校を対象とした全国18校が参加しました.

日時 2002年5月12日
主催
  −共催
日本語スピーチコンテスト実行委員会(JSA)
−日本国際協力事業団(JICA)中国事務所
−在中華人民共和国 日本大使館
−日中青年交流センター国際青年研修大学
会場 国際交流基金北京事務所ホール
テーマ 自由←つまり何でもいい.
時間制限 3分間
参加校 協力隊派遣校18校
スピコン当日の流れ

前日のレセプションの時,抽選で発表順位が決まった.

当日,スピコンは,JOBAやJICAの代表者,大使館の方の挨拶から始まった.前半と後半,9人ずつが発表.発表が終わったら,司会者の方が日本語で簡単な質問.

私の生徒は3番目に発表でした.

 

全員のスピーチコンテストが終わり,審査員は別室へ.その待ち時間に,生徒と付き添いの先生達は,JICAの事業を紹介したビデオ鑑賞.ビデオが終わるといよいよ審査発表…

残念ながら入賞できず(涙)

 

昼食は日本食!寿司を握る人も来ていて参加者一同大喜び!

昼食後,生徒は故宮に観光へ.協力隊員と,付き添いの中国人教師は,研修会.どのようにスピーチ指導をしたか、を入賞した3校の協力隊員にインタビュー.

その後,3グループ(1.教科書日語の使い方 2,協力隊とカウンターパートの連携 3.高考対策)に分かれて分科会.

生徒が観光から帰ってきてから合流してJICA中国事務所を見学.夜は参加者全員で食事会.

スピコンの翌日 月曜まで残れる生徒と付き添いの先生,隊員の先生は,JICA事業見学.

午前は,生越隊員が活動中の「日中友好観光果樹園」を見学.
リンゴの生産に関して,どんな技術援助をしているのかを生越さんが丁寧に紹介してくれた.実際にりんご園に出て,作業を体験させてもらった.

↑要らない実を摘み取る生徒 ↑生越隊員に質問している

午後は,日中環境保全センターを見学.ここで研究活動をしている専門家の方々の話を聞いたり,事業を紹介するビデオを見たり,施設を見学したりした.

専門家の経歴を聞いているところ

 

見学が終わった後,全員解散.オツカレサマデシタ.

※私の生徒には写真掲載の許可を得ています.
 他の参加者の方には,許可を得ていませんので,ぼかしが入っています.

 

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO